シミを消す方法 > 基礎知識 > シミができないように気をつける対策法

ランキングはこちら

シミができないように気をつける対策法


シミを増やさない

前項まで、いろいろなシミの原因について考えてきました。

そしてこの項からは、「シミができないように気を付ける対策法」について考えてみたいと思います。

当たり前のことかもしれませんが、シミの対策をきちんと実践すれば、これ以上シミを増えることはありません。

シミを増やさないことが、自分自身のお肌からシミを撃退する第一歩になります。

お肌のシミ対策

日焼け対策/保湿対策/睡眠摂取

○日焼け対策~
「夏だけ紫外線対策をすれば大丈夫」といった風潮がありますが、それは大きな間違いです。

紫外線対策を年中することがシミ対策に繋がります。
・対策…「マスク/帽子/日傘/」

また日焼け止めをすることによって、シミの原因を防ぐ要因にもなります。
(日焼け止めには「SPFとPA」があり、これは紫外線をカバーできる強さの度合いを表します。)

○保湿対策~

乾燥肌は、メラニンの過剰生成を引き起こします(シミができやすくなります)。

そうならないために朝晩の洗顔やシャワーの後を利用して、化粧水や乳液でお肌に保湿成分を与えるようにしましょう。

○睡眠摂取~

お肌のターンオーバー(新陳代謝)がもっとも活発になる時間帯は、「22:00~02:00」頃だといわれています。

そして当然のことですが、できるだけこの時間帯に睡眠摂取することがベストです。

何故ならこの時間帯に睡眠摂取すれば、お肌のダメージが一番修復されるからです(シミも改善されます)。

ちなみに、ウッカリ日焼けをしてしまった場合のシミ対策についても触れておこうと思います。

患部を冷やす/優しい化粧水と乳液/美白化粧品ケア

○患部を冷やす~

まず、冷水や冷たいタオルでお肌の熱を摂ることが必要です。
ちなみに日焼け部分が赤くなっている場合(炎症=火傷)、患部にタオルを置きその上から冷水を5分以上当てます。

○優しい化粧水と乳液~
お肌が日焼けして炎症を起こしている場合、強い化粧品でなく、界面活性剤や添加物などが入っていない優しい化粧水を使用してください。
何故なら強い化粧品を使用すると、逆にお肌が荒れてしまうことがあるからです。

○美白化粧品ケア~
日焼けが収まると同時に、早めに美白化粧品でケアするようにしてください。
特に「ヒアルロン酸/コラーゲン/ビタミンC」などが含まれる化粧品がベストです。
(お肌を蘇らせる成分)

「シミ消す治療」は医療機関での治療が効果的!!美容皮膚科の口コミ情報ランキング

第1位 : 品川美容外科

オラクル美容皮膚科

公式サイトで詳しく見る

エリコ先生のオススメポイント
  • 最先端の医療機器を使用!
  • 自宅での肌ケア方法も指導!
  • 初診料・再診料は無料です!
  • 充実のアフターケアメニュー!

エリコ先生が詳しく解説

品川美容外科では、実際に手術を執刀する先生だけではなく、他のスタッフまでしっかりと研修を行い知識の向上に努めています。

公式サイトで詳しく見る

第2位:中央クリニック

エリコ先生のオススメポイント
  • 最高水準の技術を有した医師集団
  • シミ消し後の化粧OK
  • 最先端技術や最新医療設備導入
  • 完全個室で安心

公式サイトで詳しく見る

第3位:湘南美容外科

エリコ先生のオススメポイント
  • 一人の医師が最後まで担当!
  • オーダーメイド美肌治療!
  • 厚生労働省認可の薬品を使用!
  • 待合室は綺麗な半個室です!

公式サイトで詳しく見る

基礎知識

シミ取り治療の効果と口コミ

エリア

サイトマップ